How1そろそろ

もうそろそろ
大掃除をする季節になりました。
換気扇やブラインド、壁なんかを
中心にお掃除ですね。
パソコンのキーボードやマウスは使用頻度に応じ、
皮脂よごれが目立ちます。
この皮脂よごれや喫煙のヤニよごれは
水道水では落ちません。
市販の塩素系やアルコール洗浄剤が有効となります。
でも、塩素系は混ぜると危険ということで
他の洗浄剤と併用したり、以前掃除した洗浄剤の
残りカスが存在していたりすると
発煙や場合によっては発熱して、
製品が変色・変形してしまうことがあります。
また、塩素は酸化作用(ものを錆びさせる働き)があるので
オールマイティに使用することはできないし、
使用時にゴム手袋はもちろんのこと
メガネを装着しないと「しみるぅ!」って程度では
すまないことがあります。
また、密閉空間での使用は絶対ダメで、
必ず換気をしなくてはなりません。
塩素系洗浄剤は強力ではあるものの、扱い慣れていても
非常に危険な洗浄剤でもあります。
また、アルコール洗浄剤は揮発性がある商品が多く
ゴム手袋を使用しないと手指の保湿成分が奪われ、
手荒れをします。
さらには除菌効果が高いように多く伝えられていますが、
額面通りの効果は期待できないようです。
そして、その多くが可燃性があり、使用する場所や作業状況を
選ばないとなりません。
危険物・劇物・刺激物ではなくあの”家事えもん”の本でも紹介された
アルカリイオン電解水がなかなかの優れものです。
塩素系と併用しても発熱や発煙を起こさず、
その洗浄効果は絶大となります。
ただ、アルカリイオン電解水単品での使用で十分です。
その成分が99%以上が純水で作られていているので
燃えてしまうことはありません。
そして、除菌効果!使用1分で大腸菌類、O-157等は
99%の除菌率です。
あっ!除菌は菌がいなくなるのではなく菌の繁殖力や
活動力を弱める作用のことです。
さらに汚れに応じては希釈(薄めて使うこと)できること。
セスキ炭酸ソーダや重曹は1度作ってしまうと
希釈できないし、希釈したら洗浄効果はかなり激減してしまいます。
また、静電気防止作用もあるのでこれからの季節
お掃除だけではなく、洗濯に使用することで
パチパチ減効果を発揮してくれます。
市販では激落ちくんや電解水シュシュ、水の力などですが
私が使っているのはaqaCleansという電解水では日本初の
アルカリイオン電解水です。
HPはこちらから↓
https://snpsyok.wixsite.com/kanonlab324
ぜひ、今年の大掃除にどうぞ!

[PR]
# by kanonlab324 | 2017-11-05 11:07 | 生分解 | Comments(0)

EP.24終わりに

EP.24を持って
このブログを終了。
というのも、
捨て去るものはこのことばかりで、
あと自分に残っているものは
ないからだ。
きっとこの程度の
アイデアは
氷山の一角に過ぎず、
烏合の集。
年間3万件上がるのだから
それもまぁ、然り。
と言っても、
研究者でもなく、
ましてや博士でもなく
ほんの個人がここまで仕上げた事に
当時関わってくれていた人たちには
ある程度、
感慨深いものを享受できたのでは
ないかと我ながら振り返る。
時は来た。
もう、表舞台には出る事もない。

[PR]
# by kanonlab324 | 2017-10-11 10:15 | 新エネルギー リサイクルエネルギー素材  | Comments(0)

あえて、
高卒までとした。
大学行ってもくだらないと。
大学ではないと
考えたからだ。
専門学校でもない。
18歳を過ぎたら、
親に面倒をかけたくなかったし、
奨学金制度を利用してまで
学生でいる気もなかったし、
学ぶ事にそれ程優位性はない。
なので
世間の波に
次々と乗る事が出来た。
バブルのいい思いもした。
就職難で困りもしなかった。
社会的地位も確立したうえで、
経験を積む事ができた。
だけど、
世間がまだしがらみや仲間意識の
世の中を好んでいる。
陰ながら
応援はするが、
このままではきっと
2020年の東京オリンピックは
残念な大会になる。
それは、
トップに立つ人たちを
牛耳っている裏方が
未だに学歴社会を重んじてしまい、
ナローな情報を元に
施工しようとしているからだ。
組織にはアウトローがいないと
斬新かつ大胆な
Show timeは演じられない。



[PR]
# by kanonlab324 | 2017-10-10 10:57 | 組織 | Comments(0)

普通の人に
「これ特許の申請をしてるんですよ」と言うと、
「それは凄いですね」と。
特許は特別なんだと考えてくれている。
100%に近い人が。
まぁ、場合によっては凄い発明
(巷で言っている特許のほとんどが発明ではなく新しい技術の発展か創造)
もあると思いますが、
それは
「特許技術を発見するぞ!」と言う人たちが
何十年も同じ分野にどっぷり浸かってしまい、
結局はなにも発明できずに
研究することや特許申請を諦めてしますから。
得てしてそう言うことは
偶然に…と言うか必然に現れるもので
そう言うことがない人は
どんな天才でも叶うことはない。
叶うのは、
天才を超えた、
大天才のみに与えられるものだと。


[PR]
# by kanonlab324 | 2017-10-05 15:34 | 新エネルギー リサイクルエネルギー素材  | Comments(0)

EP.21写真

このブログには
未だ1枚も写真を貼ってはいない。
情報とは怖いもので、
その写真1枚でとんでもないこととなる。
と言うよりも、
想像をする力が
だんだんと薄れてきている気がしてならない。
ほんの10年くらい前ならば
情報は新聞や雑誌からが主流で
それ以外は想像をしていた。
書き手が下手だと
興味が湧かなくて
スルーするしかないのだが、
興味があるものは、
新聞や雑誌またはそれに関わる本なんかを
探して、ノートに取って何回も何回も
読み返しては情報を構築して、
完成させていた。
今時だから
写真を多くのせず、
もっと先のEPにて
登場させるのがいいかな。

[PR]
# by kanonlab324 | 2017-10-05 15:26 | 新エネルギー リサイクルエネルギー素材  | Comments(0)